洗う~を楽しむ(髪) – MeToGo(ミートゥーゴー)孤育て女性応援

今の暮らしを楽しむ


今の暮らしを楽しむ > 洗う~を楽しむ(髪)

洗う~を楽しむ(髪)

ミートゥーゴー-今の暮らしを楽しむ-髪を洗う女性

朝や夕方にふく風が、涼やかに感じる季節になりました。

太陽がキラキラの暑いの夏が、終わったのかな、、、と思うと少し寂しい気持ちになるのは私だけでしょうか?

ミートゥーゴー_今の暮らしを楽しむ_秋の日差し

お変わりありませんか?

MeToGo・ミートゥーゴースタッフです。

 

夏の終わりごろに気づき始めるのが、洗いあがりの髪のきしみやゴワツキ…

スキンケアの始まりが「洗顔」であるのと同時に、髪のケアの始まりは「シャンプー」です。

シャンプーって、よごれを落とすだけじゃないの?

はい!

シャンプーって、よごれを落として、髪のケアまでできるんです!

さらに、ほんのり心地よくなる方法を、2回にわたってお伝えしたいと思っています。

 

シャンプーは、何を洗うものかご存知でしょうか?

小さなころからよく言われる言葉…

「お風呂で、ちゃんと髪を洗ってね!」

この言葉、間違いではないのですが、本当は、

「お風呂で、ちゃんと【頭皮】を洗ってね!」

が正解なのです。

 

**シャンプーで頭皮を洗う**

ミートゥーゴー_今の暮らしを楽しむ_百会のツボ

1.頭の一番高いところ、頭頂部の真ん中あたりにある「百会・ひゃくえ」のツボ(少し凹んでいるところ、押すと気持ちいいところ)を探します。

2.髪や頭皮を洗い流すようにしっかりとぬらした後、手のひらにシャンプーを適量とり、手と手をあわせて軽く泡立て、髪全体になじませます。

ミートゥーゴー_今の暮らしを楽しむ_髪を洗う順番

3.爪を立てず、指の腹を耳の生え際に置き、前後に軽く頭皮を動かすようにしながら、「百会・ひゃくえ」のツボに向かって洗います。

4.耳の周りが洗えたら、3.と同様、指の腹で、こめかみや前髪のあたりから頭皮を動かすようにしながら、「百会・ひゃくえ」のツボに向かって洗います。

5.後頭部も同じように、「百会・ひゃくえ」のツボに向かって洗います。

6.指の第一関節を頭皮にあてて、1.~4.の動作をもう一度繰り返して、軽く頭皮を動かします。

7.泡が無くなるまで、しっかりと洗い流します。

今の季節は、夏に紫外線を浴びたことで、髪や頭皮が日焼けしている状態です。

軽く頭皮を動かすようにマッサージをしながら洗うと、頭皮の健康を保つことができます。

また、洗いあがりがスッキリするだけでなく、日を重ねるごとに頭皮が動きやすくなり、髪がやらかく、しなやかになってきます。

※注意ポイント

やさしくゆっくり、小さく頭皮を動かすこと

頭皮は、顔の皮膚と繋がっています。

スキンケアと同様に、こすり過ぎると頭皮が炎症をおこし、さらに髪の状態が悪化するので注意が必要です。

指を動かすときに、大きく動かすと髪が絡まり、摩擦をおこしてしまうので、小さく動かすこともポイントの一つです。

髪のケアは、まず、頭皮から

ざっと終わらせるにはもったいない、シャンプーの時間…

リッチな泡と香りに包まれる心地よい時間と洗い上がりのすっきり感を楽しみながら、一日のがんばりを癒してあげてください。

 

今日の私にありがとう MeToGo・ミートゥーゴースタッフでした。